FC2ブログ

トレード

この前、ぺぺさんが

Dの下げは騙しが多いから付いていかない。


今日も,検証。まさにそうだった。
ただの押し目。
てことは買い豚はD時間待ちか。
スポンサーサイト

アノマリー φ(..)メモメモ

アノマリー

1月
・新年ご祝儀相場で上がりやすい
・1月効果(12月の節税売りの買い戻し、ミューチュアルファンド新年度入り)
・新興市場は年頭の祝儀相場が1月第2週で終わる
・「戎天井・戎底」注)戎(えびす)=1月9日頃
・過去の統計から見ると、大発会天井の傾向にある。その後は外資系資金が動き出す15日の週当たりまで軟調に推移、ここで底値を付け月末には大発会レベルまで値を戻す動きとなりやすい。月と相場の統計に当てはめると満月前後に下げ転換、新月前後に上げ転換と考えられているようだ。
・1月14日は上げの特異日。
2月
・節分天井彼岸底(日本の機関投資家の決算対策売り)
3月
・節分天井彼岸底(彼岸は買い出動、売り手仕舞い)
・夏銘柄の仕込みはこのあたりから
・3月20日は上げの特異日
・四季報相場
4月
・4月高、鯉のぼり天井
・4月17日は下げの特異日
5月
・外国ファンド 6月中間決算を控え 利益確定売り
・ヘッジファンド 中間決算 解約資金手当て→利益確定売り
・ビール株の高値は5月につける
・5月17日下げ止まりの特異日(?)
6月
・梅雨調整
・6月末は上げの特異日
(四半期末は「評価引上げのためのドレッシング(お化粧)買いが入る」)
・四季報相場
・6月第1週為替注意
7月
・「天神天井、天神底」注)天神=7月25日に行われる大阪天満宮の天神祭
・7月6日は下げの特異日
・7月9日は上げの特異日
・7月26日は下げの特異日
8月
・8月のドル安円高株安アノマリー
・サマーラリー(夏休みで薄商いゆえに値が上下にぶれやすくなる)
・ヘッジファンドの45日ルール(8/15)による軟調
・アメリカ国債の利払い(8/15)で円安
・同、円への換金売りで円高(8/16)
・お盆の週に上昇すれば8月月足陽線で、下落なら月足陰線。昨年まで13年連続続いているらしい。(2013年現在)
9月
・外国ヘッジファンドの利益確定売りが多い。
・日経平均株価の定期見直し→機関投資家が新規採用銘柄を買う為にインデックス売り。
・四季報相場
・9月第1週為替注意。
10月
・外国ヘッジファンド、外国機関投資家、利益確定売りが多い。
・米ミューチュアルファンドがタックスロス・セリング(節税対策売り 損を出し)を行う。
・10月4日(投資の日)は上げの特異日
・10月16日は上げの特異日
・月末日経平均入れ替え(インデックス買い/売り)
・多くのアメリカの投資信託が10月末に決算を迎えます。そのため、節税目的で9月から10月にかけて保有株を売却する動き(tax loss sales)があります。
11月
・外国ヘッジファンド決算、利益確定売りが多い。
・11月の最終週は株高
・11月の3連休明けは高い
・9月中間決算発表 利益確定売り?外国人買い?。
・感謝祭(アメリカでは11月の第4木曜日)の前日と翌日の日経平均は騰がることが多い。
・11月4日は上げの特異日。
・なぜか高い!? ブラックフライデー前後
http://www.nsjournal.jp/column/detail.php?id=186652&dt=2009-11-26
12月
・外国機関投資家決算、利益確定売りが多い。
・個人節税売り(損出し)
・掉尾の一振(年末高)
http://www.geocities.jp/yuunagi_dan/jissen/Jissen045.htm
・餅つき相場
・四季報相場
・12月第1週為替注意
・12月のMSQは下げる
-------------------------------------------
12月~1月は低位株、内需株
2月~4月は再び低位株、内需株
4月~7月は値がさハイテク株、輸出株
7月~9月は低位株、内需株
10月~12月は値がさハイテク株、輸出株
-------------------------------------------
辰巳(たつみ)天井
午(うま)しり下がり、
未(ひつじ)辛抱
申酉(さるとり)騒ぐ
戌(いぬ)は笑い
亥(い)固まる
子(ね)は繁栄
丑(うし)はつまづき
寅(とら)千里を走り
卯(うさぎ)は跳ねる

23日にアメリカでヒンデンブルグ・オーメンが出たらしいのでおさらい

「ヒンデンブルグ・オーメン」の4つの条件

「ヒンデンブルグ・オーメン」の4つの条件とは・・・

1.ニューヨーク証券取引所(NYSE)での52週高値更新銘柄と52週安値更新銘柄の数が両方とも、その日の値上がり・値下がり銘柄合計数の2.8%以上になること。
2.そしてNYSEインデックスの値が50営業日前を上回っていること。
3.短期的な騰勢を示すインジケーター「マクラレン・オシレーター(McClellan Oscillator)」の値がマイナスであること。
4.52週高値更新銘柄数が52週安値更新銘柄数の2倍を超えないこと。
この4つの条件が重なったとき、暴落の前兆つまり「ヒンデンブルグ・オーメン」になるということなんですね~。

ちなみに、「ヒンデンブルグ・オーメン」は一度発生すれば、その日から30営業日は有効とみなされていますが、3番のマクラレン・オシレーターがマイナスからプラスに転じればサインがば無効になるそうです。

テクニカル

[テクニカルコメント]
過熱を冷ましつつ、週足+1σの14850円辺りを目指す格好か

小幅ながら6営業日俗信。利食い先行で始まったが、その後は底堅い値動きをみせており、一時14700円を回復するなど、直近戻り高値水準での推移だった。これで7営業日連続での陽線を形成している。一目均衡表では14600円辺りに位置している雲上限が支持線として機能。遅行スパンは4/21の戻り高値を通過してきたため、今後は調整が強まったとしても、実線の切り下がりによって上方転換シグナルが継続しやすい。ボリンジャーバンドでは、+1σと+2σとのレンジ内での推移が継続。短期的な過熱感が意識されやすいところであるが、週足では中心値(13週)をようやくクリアしたところであり、過熱を冷ましつつ、+1σの14850円辺りを目指す格好か。
《TM》



225先物の手口では、JPモルガンが1062枚の買い越しとなった一方、ゴールドマン・サックスが1869枚の売り越しで売り筆頭となった。なお、TOPIX先物に関しては目立った傾きは観測されなかった。

12月6日 金曜日


○抵抗線・支持線(日経平均先物・中心限月)

大証・夜間高値 15260
OP権利行使価格 15250
大証・前日終値 15160
大証・前日安値 15120
CME清算値(ドル建) 15095
CME清算値(円建) 15085※
15080 大証・夜間安値
15080 大証・夜間終値
15065 CME安値(ドル建)
15060 CME安値(円建)
15010 13/11/15安値(マド上限)
15009 25MA
15000 OP権利行使価格
14990 13/11/14高値(マド下限)
14920 一目・基準線(日足)

○抵抗線・支持線(日経平均・現物指数)

標準偏差+2σ 16117.04
レジスタンス(2) 15540.02
5日移動平均 15530.41
転換線 15466.64
レジスタンス(1) 15358.75
ピボット 15248.94
終値 15177.49
サポート(1) 15067.67
25日移動平均 14998.11
サポート(2) 14957.86
基準線 14910.16
100日移動平均 14380.99
先行スパンA 14363.48
先行スパンB 14002.82
標準偏差-2σ 13879.19
200日移動平均 13793.12
-----
《MT》
プロフィール

jasmine♪

Author:jasmine♪
個人投資家(individual investor)。

日本を愛するココロ優しきブルゴーニュラバー♡
毎週土曜日はもっぱらワイン愛好家に変身。
225Fと私のデスパレートな日々は一体どんな結末を迎えるんでしょ。
日々是勉強あるのみ!
印象に残った賢者のお言葉を忘れないようにブログに残します。

世界時計
経済指標
FX経済指標
Reuters:
Klugクルーク
日経平均
by 株価チャート「ストチャ」
月齢
ピンポイント天気予報
翻訳
PIVOT

ピボット計算器はInvesting.com 日本 によって機能されている。
フィボナッチ
フィボナッチ計算機


結果:

by Investor's Forest
リンク
yahooニュース
ボラチャート6ヶ月
地球儀
ようこそ!
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

おためしブログ

日経225オプションの必勝指南

およよと驚く毎日

投資の醍醐味

投資と鳥見の日々
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR