FC2ブログ

リーマンショック時のことを渋澤栄一郎 ‏@E_SHIBUSAWA さんが整理して下さってるので忘備録に。

渋澤栄一郎 ‏@E_SHIBUSAWA
リーマン・ショックが起きた2008年と株価が似ているということで、ここから2008年を復習します。

【2008年の経済状況】
金融危機が深刻になるにつれ企業の大幅赤字決算が相次ぐ。これらの赤字によりPERはマイナス値となる。
↓2016年では
・日本を代表する製造業である東芝、シャープなどが大幅赤字。
・マイナス金利導入により今後銀行に影響か?

【2008年の為替状況】
急激な円高が企業の業績悪化に拍車。金融危機では利下げ余地が少なく、他の通貨と比べ魅力の「円」が買われ続けた。
円キャリートレードの巻き返しも加わり、1ドル100円台から80円台へ。
↓2016年では
マイナス金利導入によりこの不安は少ない?

【2008年1月の株価】
大発会は先物が前日比-590円 -3.87%から始まる、波乱の年を予感。

年初から12営業日で-19%の暴落(約12500円ほど下落)、原油は100ドルの大台突破。FRBは0.75%利下げ、金利は3.5%。月末には更に0.5%引き下げ3.0%に。

【2008年3月①】
3月5日
米投資ファンド大手のカーライル傘下のカーライルキャピタル、デフォルト宣告を受ける。
3月6日
NYダウが200ドル急落し、10日までに3日間で500ドルの暴落。
3月10日
米投資銀行大手ベアスターンズに破綻の噂が広まり、同社株11%急落。

【2008年3月②】
11日
欧米5中央銀行が緊急の追加流動性対策発表。ダウは当時史上4番目の上げ幅。
13日
カーライルキャピタルと債権者の会談が物別れ。ドル円99円台。
14日
JPモルガンチェースがFRBの流動性供給支援を受け、ベアスターンズを1株2ドルで救済買収と発表。

【2008年3月③】
17日
週明けの市場で大混乱。ドル円一気に95.71円に。
18日
GS、リーマンブラザーズ黒字決済。FRBが0.75%利下げ。ダウ大幅反発。ドル円は一時100円台回復。
ベアスターンズの破綻で不安材料は無くなり、長く暗いトンネルの出口へ、そんな雰囲気に。


【2008年4月①】
4月に入ると株式市場の反発が始まり、信用危機は出口に近づきつつあるとの見方が強まる。日本では白川日銀総裁が就任。
FRBが更に0.25%利下げ、金利は2.0%へ。

ドル円が105円台を回復。原油は130ドルを突破。各国が穀物の高騰に強い懸念

【2008年4月②】
引き続き金融機関が損失を計上。増資を相次いで発表。しかし市場の反応は薄く見逃される。

ドル円が一時108円台へ回復。原油は140ドルを超え、ガソリン価格の高騰が連日報道。日本国内では、洞爺湖サミットをテーマに環境関連銘柄が賑わうなど、個別相場が活況。

【2008年リーマン・ショック前の兆候】
①円高進行
②世界の金融機関の収益悪化
③原油高、穀物高
④大発会からの暴落

今年当てはまるのが②と④。②はドイツ銀行か。ドイツは中国との関わりが深く、リーマン・ショック級の暴落が襲うとしたらやはり中国とドイツが鍵か。

リーマン・ショック級の暴落を食い止める政策として、日銀によるマイナス金利導入が今後活きてくるかがポイント。
日本にとって円高を阻止できれば、世界的な株価暴落が来ても傷が浅く済むかも。

ただその場合でも、日本市場には外国人が動かしていることを考えると世界的な株価暴落は影響大。
【2008年7・8月ーリーマンショック直前ー】
①7月に入り原油価格が147.27ドルで天井をつける
②ファニーメイ、フレディマック株暴落。米政府は両社の支援を決定
③日本国内では食品値上げが相次ぎインフレ批判が高まる
④北京オリンピック開幕
→今年当てはまるのは④のみ

【2008年運命の9月①】
1日
福田首相辞任表明
5日
米雇用統計の大幅悪化を受けてドル売り加速。ドル円が一時105円台へ。
8日
ファニーメイ、フレディマックへの公的資金の注入が決定。ドルが一斉に買い戻され、ドル円が一時109円台にまで急伸
15日
リーマンブラザーズ破綻

【2008年運命の9月②】
15日
ダウはブラックマンデーに次ぐ504ドルの暴落
16、17日
AIG株が一時1.25ドルに。FRBが9兆円の緊急融資
24日
麻生新首相誕生
29日
米下院で金融安定化法案がまさかの否決。ダウは史上最大となる777ドル(6.98%)の歴史的暴落

【2008年リーマン破綻後】
9/15にリーマンブラザーズ破綻。
実はリーマン破綻後に株価暴落が待っていました。
10月1日
ダウ10831、日経平均11368円

10月27日
ダウ8175、日経平均 7162円
日本のバブル崩壊後、最安値の7603.76円を更新。

【もし2016年にリーマン級の暴落が起きるとしたら】
ブラジル、中国、ロシア、ドイツ、中東でしょうか。

前3者は、BRICsのインド以外という新興国。これに「G」が加わるので、さしづめ「BCGR」。

中東、露は原油。ブラジルは五輪後の不況、独は中国と共倒れ。

スポンサーサイト

来年

来年に向け、債務不履行が相次ぐのではないかと投資家の不安が世界的な資金の流れにどう影響するのか、注意が必要だと思います
2015年12月15日(火)Newsモーニングサテライト
マンハッタン・グローバルフィナンシャル 森崇さん
自国通貨をドルに連動させている、いわゆるドルペッグの国には試練のときです。ドルペッグは収入が主にドル建てで、商品価格が高く、ドルが安い時には有利に働きます、しかし、現在の状況はその反対です。こうした国々の財政不安が世界経済にどう影響するのかも懸念され始めています。
サウジアラビアなど大半の湾岸諸国はドルペッグです。サウジアラビアに対してはIMF国際通貨基金も財政改革や商品の依存から脱却し、多角化を進めることで経済成長を促進し、雇用創出を図るように求めています。ロシアも昨年、ルーブル防衛のために数十億ドルの外貨準備をつぎ込んだ挙句、柔軟なペッグ制を廃止しています。今年に入って、ウクライナとベルラーシもこれに追随しました。利上げを控え、ドルの割高感が台頭し、商品価格が下落する中、投資家の資源国や新興国の動きに敏感になっています。
実はすでに広がっていて、元利払いが滞るなど債務不履行を迫られた資源関連企業が続出しています。アメリカの格付け会社、スタンダードプアーズよると、11月27日時点の世界のデフォルト件数は101と年間で2009年の268件以来の多さになりました。その4割を石油ガス、鉱業の資源関連がしまています。
この数日は電力会社のダイナジー、AES、NRGエナジーの社債価格が下落しています。これは原油価格とともに下落が続く天然ガス価格の低迷で、電力料金の引き下げにつながるとの懸念を反映しています。来年に向け、債務不履行が相次ぐのではないかと投資家の不安が世界的な資金の流れにどう影響するのか、注意が必要だと思います。

これを知ってたならば・・・。

昔の藤戸レポより。
「GPIFは、大幅安となった引け後に買い購入を決断し、証券数社に幾らの手数料でバスケット買いを実施できるかをサウンドする。そして、最も安い手数料を提示する会社に「仕切り商い(買い決め)」を実施させる傾向がある」ので「翌日寄付きから買い」を実施と。

日経平均の5月・月中平均値は1997年11月以来の水準に。

1997年の出来事


●2月 中国、鄧小平死去。●2月 神戸連続児童殺傷事件(酒鬼薔薇事件)発生。
●4月 消費税増税。3%から5%へ。
●7月 タイバーツの変動相場制を期にアジア通貨危機が始まる。
●7月 香港、イギリスから返還。●8月 パリでダイアナ元英皇太子妃、事故死。
●11月 北海道拓殖銀行破綻。●11月 山一證券自主廃業。負債総額は3兆円。

歴代総理大臣時の日経平均覚書(拾い物)

キャプチャ
民主党の時は酷かったね~。
プロフィール

jasmine♪

Author:jasmine♪
個人投資家(individual investor)。

日本を愛するココロ優しきブルゴーニュラバー♡
毎週土曜日はもっぱらワイン愛好家に変身。
225Fと私のデスパレートな日々は一体どんな結末を迎えるんでしょ。
日々是勉強あるのみ!
印象に残った賢者のお言葉を忘れないようにブログに残します。

世界時計
経済指標
FX経済指標
Reuters:
Klugクルーク
日経平均
by 株価チャート「ストチャ」
月齢
ピンポイント天気予報
翻訳
PIVOT

ピボット計算器はInvesting.com 日本 によって機能されている。
フィボナッチ
フィボナッチ計算機


結果:

by Investor's Forest
リンク
yahooニュース
ボラチャート6ヶ月
地球儀
ようこそ!
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

おためしブログ

日経225オプションの必勝指南

およよと驚く毎日

投資の醍醐味

投資と鳥見の日々
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR