スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月26日 月曜日

[先物OP市場ウォッチ]
*08:25JST 米TV討論会に関心向かい動意に欠ける展開:見通し
23日の225先物は前日比160円安の16570円。日米のイベントを通過したことで積極的な売買は手控えられ、じり安の展開となった。一方、米国株式相場は下落。ダウ平均は131.01ドル安の18261.45、ナスダックは33.78ポイント安の5305.75で取引を終了した。原油相場の下落を受けて欧州株が全面安となり、米国株にも売りが先行。主要経済指標の発表が無いなか、連日の株価上昇を受けた利益確定の売りも広がり、終日軟調推移となった。

円建てCME先物は、23日の日中終値比10円高の16580円。為替市場では、ドル・円が101円00銭台、ユーロ・円が113円40銭台(8時00分時点)。日米金融政策発表というイベントを通過したが、新規の買いは手控えられており方向感に乏しい状況は続きそうな様子。市場では、今晩の米大統領候補によるテレビ討論会に関心が向かっていることから、取引時間中は動意薄か。今週は配当の再投資に絡んだ買い需要が意識されて、TOPIX先物が相対的にしっかりとなりそうだが、買いが本格的に入るのは明日以降となろう。本日は16500円台での静かな推移を想定。上値メドは16650円、下値メドは16500円とする。

米大統領候補者による第一回TV討論会は、現地時間26日(日本時間27日午前)に行われる。報道では、今回の討論会では「アメリカの進路」「繁栄の達成」「安全の確保」の3つのテーマについて、約90分間討論される。視聴者の過半数がトランプ氏の主張に分があると判断した場合、トランプ氏は大統領選を優位に進めることができるとの見方は少なくない。市場関係者の間からは、今回のTV討論でクリントン氏の評価が大きく低下することはないとの声が聞かれているが、トランプ氏が明らかに優勢だった場合、本番の大統領選で勝利する確率は一気に高まるとみられている。その結果、金融市場における不確実性が高まり、株安・ドル安の相場展開になる可能性は否定できない。
《MT》

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jasmine♪

Author:jasmine♪
個人投資家(individual investor)。

日本を愛するココロ優しきブルゴーニュラバー♡
毎週土曜日はもっぱらワイン愛好家に変身。
225Fと私のデスパレートな日々は一体どんな結末を迎えるんでしょ。
日々是勉強あるのみ!
印象に残った賢者のお言葉を忘れないようにブログに残します。

世界時計
経済指標
FX経済指標
Reuters:
Klugクルーク
日経平均
by 株価チャート「ストチャ」
月齢
ピンポイント天気予報
翻訳
PIVOT

ピボット計算器はInvesting.com 日本 によって機能されている。
フィボナッチ
フィボナッチ計算機


結果:

by Investor's Forest
リンク
yahooニュース
ボラチャート6ヶ月
地球儀
ようこそ!
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

おためしブログ

日経225オプションの必勝指南

およよと驚く毎日

投資の醍醐味

投資と鳥見の日々
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。